子供の辛い眼鏡は出口隆さんの視力アップキットが効果的!

学校の健康診断の視力測定の結果、まさかのC判定となって眼科での治療勧告を受ける羽目になりました。確かに、ここ最近、テレビを近くで見る姿を良く見かけるようになっていました。汗

慌てて眼科に連れて行ったものの、視力測定をやり直して、目の状態をチェックして、日頃の注意&点眼薬を処方されて治療終了。あとは経過観察といった感じでした。



こんな調子が続いて、何か治療らしいことをしてくれないまま、子供の視力がぐんぐん低下。いよいよ、眼鏡を付けなければ生活も学校の勉強も困難というレベルに。

まだ小学生なのに眼鏡をかけさせるのは嫌だ!親として辛い!と思っていたんですが、今は1.0まで視力を元に戻すことができてほっと一安心しています。



あのまま眼科に頼っていたら、今頃はもっと深刻な視力低下に悩まされていたんじゃないかとぞっとするんですが、私がどうやって視力回復したのか?このブログで詳しく紹介しています。



■眼科に通えば視力回復する?

学校の方針によっては、眼科での検眼通知書を発行されてしまうと、1度は受診をして病院のサインをもらわなきゃいけない仕組みになっているところもあるみたいですよね。

「視力が下がったら眼科で診てもらおう」というのが、常識的な流れになっているわけですが、よくよく調べてみると、眼科通いを続けて視力回復し人は、ほとんど見つかりませんでした。私が調べた範囲ではゼロです。



眼科の先生は確かに、素人にはわからない専門的かつ高度な知識や技術を持っているかもしれませんが、結局、目の病気やけがを治すことが仕事です。

視力低下は病気でもなければ怪我でもありません。お医者さんは、視力低下については詳しい知識を持っているかもしれませんが、では、どうすれば視力が上がるのか?に関しては、からっきし、何もわかっちゃいないんです。




■目が悪くなる本当の原因

目が悪くなってしまう主な原因は、目の周りの筋肉(眼筋)の筋力低下やコリ(筋肉の異常緊張)です。肩こりと似た症状が目の周りで起きているんです。

近くを見る頻度や時間が長くなることによって、近くにピントを合わせるための筋肉が収縮しっぱなし・力が入りっぱなしになります。その結果、自力で緊張をほぐせなくなってコリとなってしまうんです。



遠くにピントを合わせる眼筋の方は、使用頻度が減ることによって筋力が低下。凝り固まった眼筋の収縮を伸ばす力がなくなり、ますます遠くにピントを合わせづらくなっていきます。

視力回復するには、眼筋をスムーズに動かせるようになることが重要です。そのための専用トレーニングをしていくことで、遠くにピントを合わせられるようになるんです。





■出口隆さんの視力アップキット

私が子供の視力回復できたのは、視力アップのサービス提供しているというお店の視力アップマニュアル・トレーニングキットを使ったからです。

出口隆さんという方が作成した楽々!視力アップマニュアルを使ったところ、みるみるうちに子供の目が良くなっていったんです。



最初のうちは、トレーニングなんかで目が良くなるのか?という不安があったし、子供がトレーニングキットをキチンと使ってくれるのか?という心配もありました。

けれども1日10分もかからないというし、何よりも返金保証がついていたので、試しに使ってみたところ、期待していた以上の結果があったわけです。



最初のうちは、トレーニングについていくのがやっとといった感じで、10分やり終えた後も、ぐったりした様子があったんですが、1週間もすれば慣れていました。

別に全身を激しく動かすわけじゃないですからね。目を指定された通りに動かすだけなので、手軽に取り組めるのも良かったです。


おかげさまで今は、0.4まで下がっていた視力も1.0まで戻すことができました。ちょっと視力が落ちたかな?というときも、自力で元に戻せるようになりました。


視力低下のあらゆる不安から解放してくれた出口隆さんの楽々!視力アップマニュアルがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓
sd01.png









出口隆さんの口コミ 眼筋トレーニングだけでは効果なし?


一週間で少なからず効果が表れてきて大変うれしく思います



メガネ屋さんの機械で測ったら両目1.2まで上がっていました。



やっと日ごろの努力が報われた感じで大変うれしく思います



不安に感じることも多かったのですが、いい結果が出てとてもうれしく思います。



視力回復するには、実は眼筋トレーニングだけではダメです。慢性的な視力低下では、視神経の方にも問題が起きている可能性が高いからです。
目から入ってきた映像情報(光信号)は結局、脳に送られて解釈することで、初めて認識できます。この時に、脳が「ぼやけている状態が正常」と認識していると、眼筋を鍛えても視界はぼやけたままになってしまうんです。

そこで、視神経と脳の働きも正常に戻す必要があって、出口隆さんの楽々!視力アップマニュアルにはもちろん、そのためのトレーニングも用意されています。
従来も視力回復マニュアルはいろいろありましたが、成功率が悪いのは、眼筋トレーニングにばかり偏っていたことが主な要因です。

視力低下にまつわる問題を総合的に改善することで初めて、視力をキチンと回復させることができるんです。